海外で働いていて良かったなぁと思うこと!

ちょうど出張開始から10日が経過、中国→シンガポール→ブラジルと3カ国を訪れる予定。 現地には現地の色があり、楽しいこともあれば大変なことも……。
その中でもプラス面が非常に目立ちます。



★毎日定時に仕事が終わるけど、給料も余分にもらえる

基本的に残業という概念はなく、「残業=仕事が遅い」という評価になってしまいます。 なので時間がきたら、警察官でも帰宅するそうです。(ブラジル)



★日本で生活するよりかなり広めの家に住める

赴任先が大きな部屋、大きなホテルだったなんてことがほとんどです。 物価も日本より安いので、少し豪華な生活がおくれます。(国による)



 ★やりたい仕事を担当させてもらえた(スキルの向上)

自ら手を挙げることでやらせてもらえるケースが多く、外資系業務に似ています。(経験できない責任あるポジションを任せられ、仕事の面白さに目覚めた等々…) 当然、現地は外国ですから、コミュニケーションのほとんどが英語や外国語だったりします。 日本のように言われてやるのではなく、考えて上(上司)まで持っていく作業が多い印象です。 さらに少人数であらゆる問題に対処しなければならず、課題解決力が身に付くのではないでしょうか。



★精神的にタフになれる(仕事や生活において)

何と言ってもこれ!!! 日本とまったく違う環境で仕事していくので、頑張っているうちにタフになっていきます。 生活面でも「生きていくためのスキル」がかなり身に付きます。 少しの事ではへこたれなくなり、精神的にも強くなるでしょう。


ただ良いことばかりじゃなかった…  


★期待値以上のパフォーマンスを出し続けなければ、減給も当たり前

実績主義で仕事をきちんとしていないと即減給だったり、急に解雇なんてこともあったり雇用が不安定な部分は多いにあります。 精神的にキツくなりやすく、イヤになって日本に戻る人も多いんだとか。 文化の違いや人の違いに対応できれば最高の経験ですが。

総括すると日本の良さ、素晴らしさ、特異さが見えてくるという結論です。 日本との距離を置いてみることで良さが見えてきます。 旅行では感じられない海外生活が経験出来るでしょう~~~。

後、2ヶ月あるので存分に楽しみたいと思います。 当然、仕事の結果も重視しつつ……笑

0コメント

  • 1000 / 1000

DISCOVER(ディスカバー)

DISCOVERは、世界の「モノ」、「コト」、「場所」、「人」の魅力を再発見する。 また受け継がれている日本の建築、食、祭りなどの多くの伝統文化や風景を、写真とともにわかりやすく解説するメディア。