新しいアイディアを生むためには失敗にも報酬を与える!

グーグルは「両極端な企業」だというべきなのでしょう。記念碑的な成功もあれば、世紀の大失敗もあります。 革新的アイデアを生み出すには、成功だけでなく失敗も受け入れねばなりません。それどころか「失敗にも報酬を与えるべきなのだ」と、あるグーグルの開発者は語っていました。

自動走行するグーグルカーやグーグルグラスなど、グーグルが進めるプロジェクトの中でも特にクレイジーな研究開発に取り組んでいる「Google X Lab」のメンバーのひとりが、BBC のインタビューの中で、「失敗に対して、罰ではなく報酬を与えれば、社員たちは自らリスクをとるようになる」と語っています。

失敗した人にも報酬を与えるべきです。そうでなければ誰もリスクを取りたがらず、ブレイクスルーも起きません。失敗には報酬を与えないのだとしたら、社員たちは失敗を恐れるあまり、退屈なアイデアにしがみつくでしょう。それは時間の浪費であり、企業の士気も低下します。 革新的なアイデアを探す行為は、まだ地図に載っていない場所へ探検隊を送り出し、未発見の山を見つけようとするのと同じです。 手ぶらで帰った探検隊を非難すればどうなるでしょう。彼らがどれだけ懸命に探し、どれだけ賢く行動したかを考慮せず、ただ山を見つけられなかったというだけで探検隊の名誉を傷つけたとしたら、彼らは企業を出て行ってしまうでしょう。

もちろん、すべての企業が世界を変える必要はありません。しかし、あなたの会社が常に新しいアイデアを生み出さねばならない分野にいるなら、失敗を罰するより、失敗に報酬を与えたほうが、創造性が開花するのだということを覚えておきましょう。

0コメント

  • 1000 / 1000

DISCOVER(ディスカバー)

DISCOVERは、世界の「モノ」、「コト」、「場所」、「人」の魅力を再発見する。 また受け継がれている日本の建築、食、祭りなどの多くの伝統文化や風景を、写真とともにわかりやすく解説するメディア。