アメリカ留学VSオーストラリア留学【英語の違いとメリット比較】

メジャーリーグやシリコンバレー、ハリウッドやラスベガスなど、アメリカには世界の中心とも言えるものごとが多く存在します。世界経済の中心であり、世界で最も影響力のある国・アメリカ。英語においてもグローバルスタンダートと呼ばれる標準的な英語を話すこともあり、「留学するなら、やっぱりアメリカがいい!」と多くの人がアメリカへの留学を希望しています。

もう1つ、同じ大国として多くの留学生を世界各国から受け入れているオーストラリアも、留学国の1つとして大変人気があります。オーストラリアには多くの世界遺産があり、自然は写真や動画で見るより何倍ものスケールがあります。毎年多くの観光客が訪れる人気のディスティネーションでもあります。’

そんな、大国同士のアメリカとオーストラリアを留学先の候補として挙げる人は多いですが、そこで気になってくるのが「発音」や「ものの呼び方」です。オーストラリア英語はアメリカ英語に比べて、いわゆる「なまり」のようなものがあるので、英語を習得するにあたり「どうしたらよいのかな?」と考えてしまう人も多いです。

そこで今回は、アメリカ英語とオーストラリア英語の違いについて、発音やものごとの呼び方などの観点からまとめてみました。加えて、それぞれの国に留学するメリットや良い点も挙げてみましたので、是非参考にしてみて下さい。

0コメント

  • 1000 / 1000

DISCOVER(ディスカバー)

DISCOVERは、世界の「モノ」、「コト」、「場所」、「人」の魅力を再発見する。 また受け継がれている日本の建築、食、祭りなどの多くの伝統文化や風景を、写真とともにわかりやすく解説するメディア。