スペイン語留学について(スペイン編)

スペイン(正式国名:スペイン王国)はヨーロッパの南西、イベリア半島の約80%を占めます。北はピレネー山脈を挟みフランスと接しており、西はポルトガル、また南はジブラルタル海峡を隔ててアフリカ大陸と接しているため、ヨーロッパとアフリカの架け橋とも言える存在です。


スペインについて

スペインと言えば・・ガウディのサグラダファミリア、白壁の家々、情熱的なフラメンコ、勇ましい闘牛、スペイン料理、サッカーなどがすぐに思い浮かびます。

スペインの各地方は、それぞれ豊かな個性を持っているため一概に一つのイメージでくくることは難しいかもしれません。特に、太陽、ひまわり畑、フラメンコ、情熱的で明るい人たちといった、日本人が抱くスペインのイメージというのは、スペイン南部のアンダルシア地方のことでしょう。荒涼とした土地がはるかかなたまで広がる中央部、漁業が盛んで緑豊かな北部など、地方ごとに気候や風土、ひいては文化や人々の気質も異なります。様々な側面を持つ多彩な顔こそがスペインの特色であり魅力といえるでしょう。


スペインは古くはローマ帝国の支配を受け、その後711年にイスラム教徒がアフリカから侵攻し約800年にわたりイスラム教徒がこの地で繁栄を続けました。1492年にキリスト教徒によるレコンキスタ(国土回復運動)により、イスラム教徒はスペインから追放されますが、彼らは文化や建築面に大きな影響をあたえます。その後スペインは大航海時代を迎え、世界中に多くの植民地を獲得しましたが、無敵艦隊の敗北を機に国土は衰退していきます。1936年から39年にかけスペイン市民戦争、フランコの独裁政権時代が続くが、彼の死とともに独裁政治が終わりを迎えます。そして現国王のファン・カルロス1世が即位し民主化が進められます。

1986年には欧州共同体EC(現EU)に加盟します。1992年にはバルセロナ・オリンピックとセビリア万博を開催し、これを契機に社会基盤は整備され、産業や経済も急速に発展します。


Madridマドリード

マドリード州はスペイン中央に位置し、マドリード県のみで構成されています。標高600~750メートルほどのメセタといわれる台地にあり、首都マドリードは人口400万人以上のとても活気に満ちた街です。プラド美術館、王宮、緑豊かで広大なレティーロ公園、マヨール広場など・・・観光名所も数多く、演劇やコンサートなどのエンターテインメントも楽しる街です。


Cataluñaカタルーニャ

カタルーニャ州はスペイン北東部、ピレネー山脈の南に位置し地中海に面しています。バルセロナ、ジローナ、レイダ、タラゴナの4県で構成させています。バルセロナは、スペインの中でも独自の歴史と文化を育んできたカタルーニャの都です。スペインが世界に誇る建築家ガウディや、個性的な芸術家ダリ、ミロなど数多く生み出しており、「芸術の街バルセロナ」と言われるくらい、今も街のあちこちに多くの芸術作品が残されています。


Valenciaバレンシア

バレンシア州はカタルーニャ地方の南、地中海に面しており、カステリョン、バレンシア、アリカンテの3県からなります。一年中温暖な地中海性気候のこの地方は米・果物・野菜などの生産が盛んで、日本でもおなじみのバレンシアオレンジは州都バレンシアの特産品です。 またスペイン料理の代表ともいえるパエリャはバレンシアから生まれました。


Galiciaガリシア

ガリシア州はイベリア半島の北西端に位置し、ア・コルーニャ、ルゴ、オウレンセ、ポンテベドラの4県で構成されています。 州都のサンティアゴ・デ・コンポステーラは、ローマ、エルサレムに次ぐカトリックの聖地であり、9世紀初めに聖ヤコブの墓が発見されて以来、世界中から多くの巡礼者が訪れ巡礼の街として有名です。 またこの地方は入り江の多い複雑な海岸線であるリアス式海岸のため漁業が盛んで、漁業高はスペイン全体の4分の1もあります。


Asturiasアストゥリアス

スペイン北西部、ビスケー湾に面する地方。「緑のスペイン」と呼ばれています。


Cantabriaカンタブリア

スペイン北部、カンタブリア海とカンタブリア山脈に挟まれた地方で、州都はサンタンデルです。海側では漁業、山側ではバターなどの乳製品・製粉などの生産が盛んです。また、湿潤な海洋性気候から年間平均降雨量は1,200mmもあり、緑豊かな大地を形成しています。


Pais Vascoバスク

バスク自治州はスペイン北部ピレネー山脈の西側に位置し、ビスケー湾に面しています。 この地方はスペイン有数の工業地帯があり、また金融・商業も盛んなため、スペインの中でももっとも豊かな地方の一つと言われています。 またバスク地方に住む人々は、バスク人としての民族意識が強く、独自の言語・文化・伝統を持っています。


La Riojaラ・リオハ

ラ・リオハはスペイン北東部、エブロ川の支流にある自治州です。大陸性気候で北半分は湿気が多く、南半分は乾燥しています。この地方はブドウの栽培・ワインの醸造がとても盛んで、リオハのワインは世界的に有名です。500以上ものワイナリーがあり、年間30万キロリットルのワインを生産しており、9月下旬にある収穫祭では、ワインが振る舞われます。


Navarraナバラ

ナバラ州はスペイン北部、ピレネー山脈のふもとにあります。一県一自治州で、かつてフランスとの貿易により栄えたナバラ王国の領土でした。州都パンプローナは、ヘミングウェイの小説「日はまた昇る」に描かれ有名になったサンフェルミン(牛追い祭り)の舞台として知られています。


Aragónアラゴン

スペイン北東部、ピレネー山脈の中央部に位置しており、サラゴサ、ウエスカ、テルエルの3つの県で構成されています。北はフランスに接しており、冬の寒さはとても厳しい地方です。


Castilla y Leónカスティーリャ・イ・レオン

カスティーリャ・イ・レオンはスペイン北部に位置し、アビラ、ブルゴス、レオン、パレンシア、サラマンカ、セゴビア、ソリア、バジャドリッド、サモラの9つの県で構成されています。総面積94.147k㎡、国土の5分の1を占めるスペインで最も大きな州です。歴史的文化財、芸術的建造物が多数あり、現在もいたるところに古城や廃墟が残っています。ブルゴスの大聖堂、アビラやセゴビア、サラマンカの旧市街は世界遺産に登録されています。


Extremaduraエストレマドゥーラ

エストレマドゥーラはスペイン南西部、ポルトガルとの国境に接する地方。カセレス、バダホスの2県からなります。


Castilla La Manchaカスティーリャ・ラ・マンチャ

スペイン北部、カンタブリア海とカンタブリア山脈に挟まれた地方で、州都はサンタンデルです。海側では漁業、山側ではバターなどの乳製品・製粉などの生産が盛んです。また、湿潤な海洋性気候から年間平均降雨量は1,200mmもあり、緑豊かな大地を形成しています。


Andalucíaアンダルシア

アンダルシア州はイベリア半島の南部に位置し、ジブラルタル海峡をはさんでアフリカ大陸と向き合っています。アルメリア、カディス、コルドバ、グラナダ、ウエルバ、ハエン、マラガ、セビーリャの8県で構成されており、スペイン国内で2番目に広い自治州です。 アンダルシア州にはイスラム支配期の文化を伝える史跡が数多くあり、グラナダのアルハンブラ宮殿、コルドバのメスキータ、セビーリャの黄金の塔やヒラルダの塔などが有名です。また、マラガ県の地中海沿岸コスタ・デル・ソルはヨーロッパを代表する一大リゾート地です。イギリスやドイツなどヨーロッパ北部から多くの観光客がバカンスを楽しみます。アンダルシアにはスペインと聞いてイメージするフラメンコ・闘牛・白い村・ひまわり畑など、スペインの魅力がギュッと凝縮されています。


Murciaムルシア

ムルシアはスペイン南東部の地方で、州都はムルシアです。

年間3,000時間以上の日照時間と温暖な地中海性気候を利用して果物・野菜・花が栽培されており、スペインのみならずヨーロッパ諸国へ輸出されています。


Islas Balearesバレアレス諸島

バレアレス諸島は、マヨルカ、メノルカ、イビサなどの島々からなる、西地中海にあるスペイン領の諸島です。典型的な地中海式気候で、オリーブや果物の栽培が盛んです。古くから「地中海の楽園」といわれ、年間の晴天日数は300日以上もあります。世界中からリゾート客が訪れ、美しいビーチで日光浴を楽しみます。


Islas Canariasカナリア諸島

スペイン本土から南西へ約1000キロ、大西洋上に点在する7つの主要な島で構成されています。年間を通して温暖な気候で「大西洋のハワイ」と言われています。 また、スペインに13ある国立公園のうち4公園がカナリア諸島にあり、これらの島にしか生息しない固有種や自然がたくさん残っています。 リゾート地として有名で、バカンスやマリンスポーツを楽しみにヨーロッパ中から観光客が訪れます。



0コメント

  • 1000 / 1000

DISCOVER(ディスカバー)

DISCOVERは、世界の「モノ」、「コト」、「場所」、「人」の魅力を再発見する。 また受け継がれている日本の建築、食、祭りなどの多くの伝統文化や風景を、写真とともにわかりやすく解説するメディア。