日本の絶景露天風呂(温泉で至福の時を)

鶴の湯温泉/秋田県

和歌山県みなべ町にある乳白色のお湯が特徴的な温泉「鶴の湯温泉」。

鶴が羽を休め、傷を癒したと伝えられることから鶴の湯温泉と呼ばれているとか。

雑誌にもよく取り上げられる温泉で、冬の雪景色と乳白色の湯の色の景観はまさに、温泉情緒たっぷり。

これぞ、温泉と感じずにはいられません!



黄金崎不老ふ死温泉/青森県

見た目からして不老ふ死を感じさせる温顔が、青森県西津軽郡深浦町舮作にある「黄金崎不老ふ死温泉」。

この温泉は、その名の通り黄金色に染まる夕日で有名な温泉のひとつ。

日本海に沈む夕日の写真が雑誌などで紹介されることも多く、濃厚なオレンジ色の湯の色と、日本海の青のコントラストがとても美しい景観となっています。

この温泉に浸かりながら夕日を眺めたらまさに”不老ふ死”になれるのかもしれません。とにかく色が凄い!



野の花山荘/岐阜

岐阜県高山市奥飛騨にあるのが、山と森に囲まれた「野の花山荘」。

“隠れ宿”という名にふさわしく、前面に錫杖岳の鋭い岩峰を望む抜群のロケーションで高台に立つ一軒宿風の温泉。マイナスイオンを感じながら至福の時を体験してみたい。



川湯温泉 仙人風呂/和歌山県

和歌山県田辺市にあるのが冬季限定で入ることができる「川湯温泉 仙人風呂」。

この露店風呂は、川底から絶えず湧き出す70度以上の源泉を利用し、熊野川の支流大塔川が混ざり合い、程良い温泉が出来上がります。

夏は川遊び、そして冬には広大な露店風呂として利用されており、冬の風物詩としても有名だとか。



水無海浜温泉/北海道

北海道の南端・恵山岬にある無料の露店風呂が「水無海浜温泉」。

この温泉は、海底から湧く源泉が海水と混ざるため、潮の千満で入浴ができるちょっとユニークな温泉。満潮になると海に沈む為”幻の温泉”とも呼ばれているとか。

潮の満ち引きで入浴時間が変わるので、事前に入浴できる時間をチェックしてから行くのが良い。


0コメント

  • 1000 / 1000

DISCOVER(ディスカバー)

DISCOVERは、世界の「モノ」、「コト」、「場所」、「人」の魅力を再発見する。 また受け継がれている日本の建築、食、祭りなどの多くの伝統文化や風景を、写真とともにわかりやすく解説するメディア。