新宿ゴールデン街の魅力_外国人観光客に大人気!

年々増加する外国人観光客!
世界遺産や、世界無形文化遺産など続々と世界に日本が認められています。
歴史や新しい文化に興味を持ち日本に訪れる観光客は非常に多い。

その中でも人気なスポット新宿ゴールデン街をご紹介!
新宿ゴールデン街といえば、東京のディープスポットとして有名ですが、
外国のガイドブックなどにも大きく取り上げられています。


【新宿ゴールデン街とは?】

東京都新宿区歌舞伎町一丁目にある飲食店街で、
ロックバー、演劇バー、漫画アニメバー、レトロゲームバー、作家がよく集まる店など、
多彩なジャンルの店がひしめいているエリア。


外国人からするとこの狭いエリアに複数のお店が立ち並び、
3〜4席で満席になってしまうコンパクト感や独特な空気感が人気の秘密!
ロカールの日本人でも常連になるには難しいディープスポット!

新宿ゴールデン街にあるお店は戦後建てられた建築様式をそのままに残し、
木造長屋建ての店舗が狭い路地をはさんでマッチ箱のように並んでいます。
かの有名な若松孝二、大島渚、野坂昭如、中上健次、三田誠広、唐十郎など多くの文化人が酒を飲み、幾多の映画や芝居、小説がこの街から生まれました。



【外国からの印象】

外国人からするとまさに日本のイメージそのままといった印象だそうです。
海外の雑誌等でも「フレンドリーな雰囲気が日本らしい!」とのこと。。
フランスの有名ガイドブック「ルタード」と「ミシュラン」にも紹介されております。
お客さんの6割は外国人というお店もあるようです!
「日本の映画で見た!」「タイムスリップしたみたい!」といった声が多くあるようです。

古き良き文化的な部分と、新しい文化が融合した国ニッポン!
生活している私たち日本人では気づかない魅力が広がっているのかもしれませんね。
外から見える日本の魅力を肌で感じたいと思います。



0コメント

  • 1000 / 1000

DISCOVER(ディスカバー)

DISCOVERは、世界の「モノ」、「コト」、「場所」、「人」の魅力を再発見する。 また受け継がれている日本の建築、食、祭りなどの多くの伝統文化や風景を、写真とともにわかりやすく解説するメディア。